女性

膣を引き締めて健康維持をしませんか|メリットを確認しましょう

簡単なトレーニング方法

ヒップ

筋肉は使わないと急速に衰えていきます。膣の筋肉も同じで、膣が緩んでくると性機能などの感度も一緒に衰えてしまいます。骨盤底筋は膣の筋肉を支えていますが、緩みにより尿漏れの大きな原因になっていて、最近は30代~40代を中心に急増しています。膣の緩みをコンプレックスに感じている人は多くいるでしょう。しかし、引き締めトレーニングをおこなうことによって、感度を取り戻すことができます。さらに尿漏れを予防することができるだけでなく、体を若返らせ、美しいボディーラインを手に入れることができるでしょう。骨盤底筋は、腹筋や太ももの内転筋、背筋などに繋がっているので正しく鍛えることで、脂肪がつきにくくなる体を作ることができます。
膣の引き締めトレーニングは、インナーマッスルを鍛える必要があります。ランニングなどの有酸素運動では、引き締めることができないので正しい方法を知っておくことが大切です。座りながら引き締めをする方法は、息を吸いながら肛門を締め、5秒~6秒保ちます。そして息を吐きながらゆっくりと肛門を緩めます。膣と肛門は筋肉で繋がっていてこの方法が1番効果的だと言われています。長い間息を止めてしまうと、血圧が上昇するので注意しましょう。単に力を入れるだけで膣を引き締めることができません。正しい方法で毎日継続的にトレーニングをすることによってすぐ効果を実感することができるでしょう。引き締め効果のより生理痛を緩和することができるので、生活リズムを整えることができるかもしれません。